数年ほっといたブログ。  今更こっそり再開してみた。


by icchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

03好きがバレたので

東京03好きであることがバレているので(笑)
心置きなく書いてみようと思ったのです。


今朝見た夢に、東京03が出てきました。
私の夢にすでに何度か出てきている東京03。
それも、必ずちゃんと3人で出てきてくれる。


今朝見た夢というのは、どうしたってことはない内容なのだが
3人でいるところに鉢合わせした私が、3人に近づいて角ちゃんと話をしたというだけだ。
でも、角ちゃんは何も面白いことは話さなかった。

その次の日、また偶然にも3人に会った。

私は、「覚えていないかもしれませんが、昨日お話させて頂きました。ありがとうございました」
と3人に声をかけたが、やはり覚えていない様子だった。
それは仕方がないと思っていると、飯塚っちが話しかけてくれた。
そして、怪しい会合への勧誘をしてくれた。
丁重に断らざるを得なかった・・・。

と、いう夢をみた。

いつも私の夢に出てくるとよもてぃーは、私に話しかけてはくれない。
そして私も話しかけない。


というような今日見た夢の話をしたわけだが、それについてキャー!とかウフフー♪
とかいう事を言いたいわけではないのですよ。
こう書いてはいるものの、何かが引っかかっているわけなんですね。

私も、出てきた3人は東京03と思っているのですが
思い返せばあの3人、なんちゃって東京03だったよな、と。
見た夢をそのまま映像として再生できれば自分でも酷いもんだと納得いくのだけども
ただでさえもぼんやりしてきた私の記憶に頼らざるを得ない状況で映像を再生するも、
どうしたところで40代半ばのオッサン3人組でしかなかったんだよなぁ

特に角ちゃんの顔なんて疲れきってシワの刻まれた、相当な貧相づらをしていた。
夢の中とはいえ、話が盛り上がらなかった理由のひとつはその面構えの貧相さだった。

これっていわゆる「ぷっすま」の絵心的なものなのだろうか。
私の夢の中で3人を創造してはみたが、完成品(?)とは程遠く、ギリギリの映像化だったのだろうかと
夢という自分自身の脳のイメージ機能について今日一日考えていた。




そんなこんなで、ひとり絵心。

やぁ、ミッキー
d0061184_22593544.jpg



笹おいしいー
d0061184_2311354.jpg




そんなこんなで、また我が家のポストに届いたDVDが2週間目に突入。
2月分のDVDがまだ我が家に居座っている。
いい加減帰って欲しい。
そしてあと20日足らずで終わってしまう3月分のDVDを届けて欲しいと思う。
でも、2月分のDVDを見ていないのが原因なのは薄々気づいている。


めんどくさい世の中だ。
せちがらい。
[PR]
by icchi | 2009-03-11 23:21 | 日記